スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←BS時代劇「薄桜記」第9話「文鳥」簡単感想その2 →BS時代劇「薄桜記」第9話「文鳥」簡単感想その4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【BS時代劇「薄桜記」第9話「文鳥」簡単感想その2】へ  【BS時代劇「薄桜記」第9話「文鳥」簡単感想その4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

BS時代劇「薄桜記」第9話「文鳥」簡単感想その3

 ←BS時代劇「薄桜記」第9話「文鳥」簡単感想その2 →BS時代劇「薄桜記」第9話「文鳥」簡単感想その4
「吉良茶室に後藤さま!?典膳さま驚く」
吉良の茶室招かれた後藤さま。
吉良出した茶器見るなり
「けっこうなお道具ですなあ~」と
ほめる。吉良は自慢げに
「こもりえんしゅうゆかりじゃ」と
言います後藤さま「ほお~!」と言う
そういえば、後藤さま茶器みがいて
ましたよね!けっこう目ききなんで
しょうか?
そこへ典膳さまが
「丹下典膳。まかこしました」と
言って扉あける
後藤さま「遅い!」
扉あけるなり典膳さま驚いて
「叔父上!?」
ここで、いつもの後藤さま説教
「ぼやぼやするな!お前は吉良さまを
守るため、ここへ来たはずじゃ。
しかるに、この屋敷はなんじゃ?
ざるどうぜんでないか!どうぞ仇討ちしてくれと言わんばかりでないか。
屋敷うちがまる見えでないか!」と
あの~吉良の前で大胆に言いますね~後藤さま(^_^;)

ここで、吉良が後藤さまの意見に
「討ち入りがあると見てる」と
話し、後藤さまはその理由を説明
浅野家家臣たちのゆくえを
つぶさに調べあげていること、
また、分配された御用金もとでに
商い始めた者、土地を買って百姓になった者、また、他家へめしかかえ者も
いる話すさらに隠居した者いれば
浪人なった者までいるゆう
国家老大石くらのすけは京山科に
屋敷を買い、隠居したらしい
後藤さまは堀部安兵衛強硬派は
ほとんどが姿をくらませていると
話します
浅野家の家臣60数名しょさいさえ
今だにわからない。
ご講義どこどせんさくしても
とんそくせきわからないゆう
やはり、吉良仇討ち計画たてていると
ゆううことになるんですよね
「吉良の正室富子、千春に典膳さまが本所屋敷にいることをお教える」
千春は生花をしながら富子に
「お正月はいかがなされます?」と
聞く
富子は「お正月?」
千春さん「お年賀のご挨拶は?」と
聞くと、富子は「向こうさまからこっちへくればよかろう。本所は寒うて
遠い。しかもけんのんじゃ。
言うておくがのう、わらわがいやがってるのではない。向こうさまが
来るなと、おおせなのじゃ」と
話す
そして千春さんは
「それは、あいもかわらず、討ち入りの噂がございますので」と
話すと、富子は千春さんに良い知らせを言う
「それだけかの?そなたはどうじゃ?
本所の屋敷へ行ってみたいか?
行けば丹下典膳に会えようぞ」と
話すと、千春さんは
「奥方さま・・・」と、少しこまった
表情をしつつも心の中で
「会える」と、思う千春さんなのでした。
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【BS時代劇「薄桜記」第9話「文鳥」簡単感想その2】へ  【BS時代劇「薄桜記」第9話「文鳥」簡単感想その4】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【BS時代劇「薄桜記」第9話「文鳥」簡単感想その2】へ
  • 【BS時代劇「薄桜記」第9話「文鳥」簡単感想その4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。