スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←BS時代劇「薄桜記」第6話「用心棒」簡単感想その5 →忘れられない27日の出来事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【BS時代劇「薄桜記」第6話「用心棒」簡単感想その5】へ  【忘れられない27日の出来事】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

BS時代劇「薄桜記」第6話「用心棒」その6

 ←BS時代劇「薄桜記」第6話「用心棒」簡単感想その5 →忘れられない27日の出来事
続きです
よく、雨の降る中、
典膳さまはお三にひげをそってもらいます。
お三は「私のひざにおよりなって下さいな」と、言うと
典膳さま「え?」と、言います
お三は横になったほそりやすいと話します。典膳さまはお三ひざ横になり
そっもらいます
お三は典膳さま自分の夫は三年前亡くなったと話し、また、兄の長兵衛には
おめかが三人もいると言う
お三は典膳さまに「ずーとお一人ですか?」と質問すると
典膳さま「いや」と答えます
そしてお三は「奥様は?」と
典膳さまにとってふれたくないことを
聞かれ無口に

次のシーンで大五郎犬噛まれた
騒ぎがあり、
その後長兵衛は
今、幕府が法出している
生類憐みの令とゆうとても
苦痛な法令出ていことに腹を立てている。子供が犬に噛まれたとゆう文句も言えず、また殺してしまったら死罪に
なっしまう。貧乏人は食うや食わずで
地べたはいづるような暮らしをしている。長兵衛は不満だらけ。
紀伊国屋文左衛門はお大臣さまであり、ご公議とけったくしているわ
とみを一人占めしている
長兵衛は「幕府なんぞなくなりゃいいんだ!」と
あと、火事のシーンでは
口入れ屋の白竿屋が出動するシーンが
ありましたが、火事のこともしてるんですね~火消し組のような感じですね
以上こんな感じです
19日は東京へ行き、舞台「ウサニ」を
観劇してきましたので遅れての
記事でした。
*長くなってすみませんm(ー ー)m
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【BS時代劇「薄桜記」第6話「用心棒」簡単感想その5】へ  【忘れられない27日の出来事】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【BS時代劇「薄桜記」第6話「用心棒」簡単感想その5】へ
  • 【忘れられない27日の出来事】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。