スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←大河ドラマ「平清盛」妄想話・藤原摂関家・藤原頼長との出会いその1 →BSコンシェルジュ「追記あり」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【大河ドラマ「平清盛」妄想話・藤原摂関家・藤原頼長との出会いその1】へ  【BSコンシェルジュ「追記あり」】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

大河ドラマ「平清盛」妄想話・藤原摂家・藤原頼長との出会いその2

 ←大河ドラマ「平清盛」妄想話・藤原摂関家・藤原頼長との出会いその1 →BSコンシェルジュ「追記あり」
rruka尚侍「博多へ!?」
義清から清盛が博多へ行くと聞いたruka尚侍は
童子水千姿になり、清盛の館へと行った
*清盛の二人の息子が着ている
ruka尚侍「清盛!清盛!」
清盛「何じゃ。あとにせよ」
そう言って振り向くと・・・・
清盛「うあ~~~!ruka尚侍さま!?何・・・何ゆえ!?そ・・・・そのお・・姿は!?」
rruka尚侍「そなたが博多へ行くと、義清に聞いたゆえ、私は童子水千姿に
なったのじゃ」
*そんなruka尚侍の口から義清に聞いたと聞き、清盛はブツブツと
清盛「義清~~~話すな!と申したのに!」
ブツブツと文句を言、怒ってる清盛を見た家貞は
家貞「ruka尚侍さま。あなたさまは、鳥羽院や崇徳帝
にお仕えされてる身にござりますれば博多へのご同行はおよしになって下さりませ」
ruka尚侍「何ゆえです?私も博多へ参りたい。博多とゆうところが
どんな所なのか?見たいのです。のう~頼みます!このとり」
ruka尚侍は必死に頼む。そして清盛は・・・
清盛「わかりもうした!ruka尚侍さまも博多へ参りましょう」
家貞「清盛さま!」
そこへ元海賊だった兎丸が来て
兎丸「なんや?このガキは?」
清盛、兎丸を手まねきで呼ぶ

清盛「あのお方はガキではない。鳥羽院や崇徳の帝に、お仕えする
ruka尚侍さまじゃ。」
兎丸「何!?ガキやなくて女かいな~~~いや~~綺麗やないかあ~~おい!」
清盛「何を申す!ruka尚侍も博多へお連れする」
そう言って清盛たちは博多へと出発する。

清盛たちは船にl乗り、博多へと向かった
はじめて船に乗ったruka尚侍は興奮しながらもはしゃぐ
ruka尚侍「まあ~~なんて大きな船でしょう!それに見わたすかぎり海じゃ~~」
兎丸「おい!尚侍さん。そんなはしゃゔなやあ~」
家貞「よほど、珍しいのでございましょうな~~」
清盛「まこと、あのお方は何でも興味をもたれる方ゆえな」
盛国「しかし、ruka尚侍さまはあんなにはしゃいで大事ないので
ござりましょうか?」
盛国は元漁師だったため、なんなく心配していた。


ruka尚侍・ナレーション

「私は生まれて初めて、海とゆうものをみました。
どこを見わたすかぎりのこの景色を、崇徳の帝にお見せしたいと・・・」

そうこうしているうちに清盛たちは博多に着いた。
清盛たちは神崎荘の商業地、博多へやってきた。そのにぎわいを見た
清盛とruka尚侍はめずらしそうに見る

清盛「これが宋との商いの場かあ~」
ruka尚侍「なんて!にぎやかな町!都とは大違いじゃ」

するとオウムがしゃべる
「アリガトウゴザイマス」
しゃべるオウムを見た清盛が驚き
清盛「何じゃ?こいつは?しゃべったぞ」
清盛オウムの動きに合わせて同じようにうごく
*首を上下に動かすしぐさ
ruka尚侍も同じように驚き
ruka尚侍「愛らしい鳥ではありませぬか~!」
オウム「アイラシイトリデハアリマセヌカ~!」
清盛がオウムを見てめずらしそうにしてると
家貞が
家貞「この珍鳥がお気にめされましたか」
清盛「うん」
ruka尚侍「私も気に入りました。で、どのように手に入れるのです?」
家貞はこう答えた
家貞「では取引してあげましょう」
清盛「取引じゃと?米を用意しておらんのにか?」
ruka尚侍同じように
ruka尚侍「確かに米を用意しておらぬが?」
家貞「これはいくらじゃ?」
商人「10かんにござります」
清盛「10かん!?馬は買えるではないか」
ruka尚侍「10かん?い・・いったいなんなのです?家貞」
家貞はお金を差し出した
家貞「ひとまず、これ。残りは館にて支払う」





清盛とruka尚侍珍しいそうにお金を見る
清盛「これは?」
家貞「宋銭。宋銭「そうせん」にござりまする」
清盛「宋銭?かようなもので取引がなりたったのか?」
ruka尚侍「私も初めて見ました~~このような宋銭なるものを
使って取引するのですね~」


初めて目にした清盛は知らなかった。その様子を兎丸は
兎丸「おまえ、そんなことも知らへんのか?アホちゃう?」
ruka尚侍「では私もなのですか?」
兎丸態度を変え
兎丸「尚侍さんは知らんかったんやなあ~~俺がお教えたる!」
*続きはその3に書きます。







スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【大河ドラマ「平清盛」妄想話・藤原摂関家・藤原頼長との出会いその1】へ  【BSコンシェルジュ「追記あり」】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【大河ドラマ「平清盛」妄想話・藤原摂関家・藤原頼長との出会いその1】へ
  • 【BSコンシェルジュ「追記あり」】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。