スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←よ・・・・頼長さまあ~~~~~!! →大河ドラマ「平清盛」第22話「勝利の代償」頼長編その2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【よ・・・・頼長さまあ~~~~~!!】へ  【大河ドラマ「平清盛」第22話「勝利の代償」頼長編その2】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

大河ドラマ「平清盛」第22話「勝利の代償」頼長編その1

 ←よ・・・・頼長さまあ~~~~~!! →大河ドラマ「平清盛」第22話「勝利の代償」頼長編その2
皆さんこんばんわ
今回は頼長さまの最期の編の内容を
書きたいと思います。
清盛と義朝の内容は、you TUb動画無料ドラマ館でご覧下さい
*のちほどupいたします


保元元年7月12日。敗者となった崇徳上皇方の方々は
地方へちじじりに落ちて行った。
崇徳上皇についていた藤原摂関家・悪左府頼長は、輿に乗り逃げている。
そこへ崇徳上皇方の残党を追いかける
武士頼長を追う
頼長「もっと早う!早う走らぬか!」
*すると残党を追う武士たちが矢をいる

*すると、頼長の輿を担いだ一人の家来が矢で撃たれる
頼長の乗る輿が倒れ、輿から沢山の書物が落ちていく
武士「いたぞ!とらえよ」
*残党を追う武士たちが頼長に向けて矢をいる
頼長を警固する武士は残党を追う武士たちと戦う


*輿から落ちた書物を頼長は必死になってかき集める
側近「殿!お逃げ下さりませ!」
*その時!頼長の右首に矢が当たる
頼長、右首から流れる血を右手で触り見る
頼長「は!ああ~~~!」

ここでのシーンは、崇徳上皇方が負けてしまい、
必死で逃げる頼長さま。一人の家来が矢に当たり、
輿が落ちて書物が落ちる。それを頼長さまがかき集めている
瞬間!右首に矢が当たり、右手でさわると、血が流れているのを
見て怖がるところが、よーく伝わってました。
あと、輿を急がすシーンも。

7月13日。ひん死のケガをおった悪左府頼長が最後に
すがったのは父中心実であった。
*南都の忠実の館につくなり、側近が頼長に話しかける
側近「殿、大殿のお屋敷にござります。もう~大事ござりませぬぞ」
*頼長ひん死のケガをしてるものの少し安心した薄ら笑みをした。
そして忠実の側近が頼長が来たことを知らせる

忠実の側近「頼長さまがおみえにござります。大変な傷を
おっておいでのこと」
*その話しをきいた忠実は少し「何!?」と、ゆう表情をしたものの
こんな発言をする
忠実「去らせよ」
*外で待っていた頼長。忠実の側近が忠実の返事を知らせる
側近「何!?あわれみじゃと!?」
忠実の側近「申しわけござりませぬ。矢に当たる不運は、春日大明神に
見捨てられたしるし。さような者この家に近づけることさえ恐ろしいとの
仰せおたちのき下され~!」

ここでのシーンでは、ケガを追いながらも
ひん死の状態でいる頼長さまの息がただ静かに
なってましたし、また、父忠実の返事にも
耳をかたむけてました
*続はその2に書きます。







スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【よ・・・・頼長さまあ~~~~~!!】へ  【大河ドラマ「平清盛」第22話「勝利の代償」頼長編その2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【よ・・・・頼長さまあ~~~~~!!】へ
  • 【大河ドラマ「平清盛」第22話「勝利の代償」頼長編その2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。