スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←スタパでの頼長さまの撮影 →「くろねこルーシー」第11話その2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【スタパでの頼長さまの撮影】へ  【「くろねこルーシー」第11話その2】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

「くろねこルーシー」第11話その1

 ←スタパでの頼長さまの撮影 →「くろねこルーシー」第11話その2
皆さんこんばんわ
録画していた「くろねこルーシー」を見ました
鴨志田陽さんがなぜ、父親を嫌い、家を出たか?
その理由は
子供の頃、占い師だった父親はほどんど、仕事もぜす、
猫のようにゴロゴロしていた
また、思い出したかのように、めいしんやかくげんを子供の頃の
陽さんにお教えていたそう。
その後、陽さんは家を出、父親や猫のことを忘れる。
しかし、せいかくには忘れようとしていたようで、
何か決めごとがある時は、父がこうするだろうとゆう
逆をチョイスした。とゆうことですが、
それは・・・皆さんもご存知のように
夜に爪を切ると親の死にめにあえないとゆうこと
そんな逆なことをした陽さん
その後、父親は亡くなったのでした
あとのシーンで陽さんが亡くなった父親の遺体対面するシーンが
あるんですよね

陽さんは父親が亡くなった後、
「だからつまらないめいしんは僕にとってずっと敵だった。次の日父はこの世をさった
涙は出なった。父だからここで号泣すると思ったから」と


何年かたって、子猫だったルーちゃんシーちゃんも成猫と成長
陽さんは父親と同じ道へと歩んでいきます
ここでのシーンで陽さんから依頼主の母親から電話があり、
内容が「息子さんが、ええ。娘になった」
このセリフ聞いて、私
おネエになったと?ゆうこよね?と
思いました
まさかここでおネエが出るとは・・・「笑」



次のシーンは、夜の中、町で
陽さんは占い師の商売をしていますが
寝ています
そこへ美紀さんが来て、
「かせいでいますか?パパ」
そう!もうすぐ子供がうまれるんですよね
陽さんは「占い師が金もうけにはしると占えなくなるから」と話すも
美紀さんは「たいして当たってないくせに」と言います
そして美紀さんは「今日何人きたの?」と質問
陽さん「今日は3人」
美紀さんは「営業とか工夫したほうがいいんじゃない?」と
話したら!
ここで!なんと!意外なことを陽さんしたんです!
それは・・・・ブログとツイッター
本当、もし、ブログがあれば見てみたいですよ~
ツイッターについては・・・
何やらそれらしき者はあるですよね
*しておられるのは本人ではないですが^^;
美紀さんは「全然更新してないじゃん。どっちも」
すると陽さん「なかなか時間なくてね」だ、そうです

次の母親と美紀さんとで夕食をしている時、
父親がリボンで作った金魚を
飾ってあることに気ずいた陽さんが
いつ飾ったのか?を聞くと、
母親は今日飾ったと答える
陽さんは父親のことに
「おやじさあ、一日中家でゴロゴロしてて、たまにリボンで
金魚を作ってさ、猫をあやしてたんだよ」と話す
すると美紀さんが「なんかリボンで金魚とか可愛い人だったんですね」と、
ほめるのですが陽さんは「そこだけ見たらね。もう毎日ゴロゴロ寝てばっかりだったんだから」
すると母親「ゴロゴロしてても、父さんはいつもよういしてたんだよ」
陽さん「俺だってよういぐらいしてるよ」
母親「あんたさ、たんに準備してるだけ。父さんはかくごしてたよ。
ちゃんとかくごできてるの?」と聞く
陽さん「ああ~あたりまえだろう」と、言う
いや~ここでの会話も面白いです
それに一日中ゴロゴロしてるように見えても
母親の言うようにかくごとよういをしてたんですね
*続きはその2に書きます。

















スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【スタパでの頼長さまの撮影】へ  【「くろねこルーシー」第11話その2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【スタパでの頼長さまの撮影】へ
  • 【「くろねこルーシー」第11話その2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。