スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←大河ドラマ「平清盛」第9話「二人のはみだし者」ピックアップその5 →7月ドラマ&8月舞台
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【大河ドラマ「平清盛」第9話「二人のはみだし者」ピックアップその5】へ  【7月ドラマ&8月舞台】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

ピックアップに書いてない「平清盛」第9話

 ←大河ドラマ「平清盛」第9話「二人のはみだし者」ピックアップその5 →7月ドラマ&8月舞台
その1~5まで書いた第9話での内容ですが

*東国にいる義朝と正清は
久しぶりに木登りをしていたら
ある武士が着ます
それは三浦氏。
三浦は「近頃の荘園のものどもが自分の地あらし、
手をやいている」と話します
そして義朝に「力をかりれば心強いことはない」とも話します
義朝は「その連中をたいじしたあかつきには?」と質問すると
三浦は「三浦一族をあげてあなたさまに従いまする」と答えます

*なり子九の宮出産
こちらのシーンでは
なり子が皇子を産み、その皇子を見て
「男子じゃ・・・男子じゃ!皇子じゃ!
ついに・・・ついに皇子を産んだぞ!」と言うシーン
このあたり、なり子は壮大な権力を持つのでは?と
読みとれるのではないでしょうか?


*歌あわせに来た義清ですが崇徳帝の側近が
「帝におかれましては、お具合がよろしくないご様子
歌合せは日をあらためるとのおおせである」とつけ、
義清は帰るのですが、具合の悪いはずの
崇徳帝が出てきて義清の心にといかけます
「義清。信じられるのはそなただけじゃ。そばにおってくれ
朕を一人にせんでくれ。一人にせんでくれ」と


*宴のその後、鳥羽院はなり子に
たま子を「今もいとおしく、おいでなのですね。待賢門院さまを
何ゆえでござりまするか」と聞くシーンがあります
あれだけ賭場院を傷つけた女ではないか?と言うも
鳥羽院は「たま子・・・傷つけとうなる。たま子を傷つけるほどにいとうしい」と
あんなけ苦しく、辛い思いをした鳥羽院
やはりたま子が愛しいようです



*義清!たま子に!?
たま子は一人、庭にいると義清があらわれ、
義清はたま子に語りかけなはら
たま子の手をにぎり「これが愛しいと思う気持ちにござります」と
語り、たま子を引き寄せ抱きしめてしまいます!
次回吉清・・・・大変な事態&事件をおこしてしまいます。

詳しい内容については
清盛動画をご覧ください。


スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【大河ドラマ「平清盛」第9話「二人のはみだし者」ピックアップその5】へ  【7月ドラマ&8月舞台】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【大河ドラマ「平清盛」第9話「二人のはみだし者」ピックアップその5】へ
  • 【7月ドラマ&8月舞台】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。