スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←マグ情報&ロケ!? →「くろねこルーシー」第2話その2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【マグ情報&ロケ!?】へ  【「くろねこルーシー」第2話その2】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

「くろねこルーシー」第2話その1

 ←マグ情報&ロケ!? →「くろねこルーシー」第2話その2
皆さんこんにちわ
昨日録画していました
「くろねこルーシー」を朝早くに見ました
内容はこちら「2回にわけて書きます」

鴨志田陽さん
黒猫の子猫たちにミルクをあげています
黒猫の子猫、おししいそうに飲んでいます
陽さんはケイタイ電話で母親のケイタイにかけますが
留守番電話になっていました

そして夜、陽さんは子猫たちに
キャットフードとねこ用の缶ずめを買、
そして猫じゃらしとねこの本も買ってます
キャットフードはなぜかお風呂用のおけ「笑」
すると子猫が「ニャーニャー」と鳴いていると
陽さん「なんだ?しっこか?」と、一匹の黒猫を
抱きますが・・・しません
陽さん「ちがうのかよ」とか「かんべんしてくれよ~もう~」とか
いったりしております


陽さんはもう一度、母親にケイタイ電話をかけます
やはりまた留守番



夜、陽さんがソファーで寝ていると
黒猫の子猫たちが陽さんの布団の上で
あばれているところでおこされます
このあたりのシーンは
一匹の黒猫子猫ちゃんが山本さんの顔あたりで
ピヨン!とジャンプしてるところが
可愛いかったです




よく朝、
陽さんは黒猫の子猫2匹を
かごの中に入れて外出
すると、陽さんがくつひもを結ぼうとしたら
ちぎれます!何かいやなことが!?


陽さんがむかった先はどうやら
動物病院のよう
女性獣医さん黒猫の子猫1匹の
お尻をふいています
陽さん「鳴きやみました?」
ここで陽さんが「名前はまだないようです。母からあずかってまして」と
話すと、女性獣医さん「そうゆうことですか。」と・・・
陽さん「あの・・こいつらごはん食べないんですよ」と話すと
女性獣医さん「何あげてます?」
陽さん「ねこ缶とか」
女性獣医さん「ねこ間はまだ無理ですね。ねこ用の哺乳瓶使ってあげて
くださいね。なかな飲んでくれない時はスポイトで」
陽さん「スポイトなんてもってないですよ」
女性獣医さん「出しておきますよ。子猫は栄養たくわえられませんから
4時間に一回はあげでくださいね」と、話し、
陽さんが「まあ~すぐに母に返すんですけどね」
女性獣医さん「あの、赤ちゃんはたとえ一瞬でも一人では
生きてゆけません人間も一緒です。この子たちは今、
あなたにたくさん信号を出してるんです」
しかし、陽さんは「信号たってピーピー鳴いてるだけで」
それを聞いた女性獣医さん「わかろうとしてあげてください。
この時期ほおっておかれるほどつらいことはないんですよ。」と
さとされます。





その後、陽さんは実家へ行こうとしていると
いつものご近所の女性が
陽さんの母親が救急車で運ばれたと話すと
陽さんが「え!?・・い・・いつですか?」「病院はどこですか?」と
たずれるも、ご近所の女性は「さあ~」と言うだけ


陽さんは急いで母親のいる病院へと行きます
病室に入るなり、母親はアイスクリームを食べてました
それを見た陽さん「ちょっとアイス食べて大丈夫なの?」と聞きます
すると、母親は陽さんのくつひもを見て
「ふきつだねえ~」と言い、
母親は亡くなった陽さんの父親のことを話しだします
それも、陽さんと同じようにくつひもがちぎれた時の
父親の・・・
それを陽さんが聞いては
「しょうもない」とか「異常でしょう」とか答えるし「笑」
この会話シーン面白かったです
また、母親が「あれ?あんた会社どうしたの?」
陽さん「有給たまってたから」
母親「つとめて一週間でどうやってたまったのよ」
陽さん「そうゆうふうなの。今の会社は」
陽さんは母親に自分がまたリストラされたことを
言いたくないことと、心配させまいとして
うそを言ったのでした。
*続きはその2に書きます。













スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【マグ情報&ロケ!?】へ  【「くろねこルーシー」第2話その2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【マグ情報&ロケ!?】へ
  • 【「くろねこルーシー」第2話その2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。