スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←山本さんの出演情報 →大河ドラマ「真田丸」公式サイト 本格始動(追記あり)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【山本さんの出演情報】へ  【大河ドラマ「真田丸」公式サイト 本格始動(追記あり)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

劇場版「びったれ!!!」

 ←山本さんの出演情報 →大河ドラマ「真田丸」公式サイト 本格始動(追記あり)
今日は仕事有給でしたので
地元京都
イオンモールKYOTOの中にある
Tジョイ映画館で
劇場版「びったれ!!!」を観てきました

山本さん演じる悪徳弁護士・霧浦さんが
映画開始からすぐに登場されましたが
結構登場数が多かったです






ドラマ「びったれ!!!」は見てませんが
設定やストーリーなども楽しむことができました
映画の映像には法律用語が出てましたので
「こんな法律があるだぁ~」と



3つの顔を持つ伊武さんと娘・かりんちゃんの物語と
霧浦さんが息子を思い守ろう!助けよう!とする思いとが
沿うように描かれていると思いました

二人共その存在に支えられている
その愛を貫いてました

田中さん演じる伊武さんは司法書士としての正義感があり
かりんちゃんへの愛と優しさ
そして腕っぷしの強さが
自然にカッコよく見せておられました

霧浦さんのスーツ姿は
本当❗️素敵でございました❤️
ずっと仕事してるときのシーンや
うかがえる背景と彼の人生物語


スーパーアンモナイト株や後継者問題を巡る
伊武さんとのやりとりや
自分と杉山さんの故郷での土地買収工作の時
霧浦さんの表情から一番感じたのは
「心を止めている」という
表情をしていましたし
感情を出さず役目をまっとうするための!

伊武さんがかつての舎弟
五十鈴さんの口から語られた
霧浦さんの過去と横領の一件
抱えたものの重さ覆われている人生の陰が
姿や表情にものすごくかすかに見え隠れしていて
止めるしかない心が本当は動くのだろう
それに気づかないことにしているのだろうと察せられ
それ以上に心の身動きとれなさが伝わっていました

そんな立場になり果て自らを傷つけ続けても
貫きたいもの守りたいものがあるから

その件で伊武さんの父親にいいように利用されている日々
法の抜け道が悪用されるときそこに自分が関わる
「法は人間を救ってなんかくれない」の言葉を言った時の
ものすごく端に感じる諦めと悲しさ

伊武さんの正義に貫かれそれのみを盾にする強さ
かりんちゃんのためにも強くあろうとしているその姿と
霧浦さんの表に出さないやるせなさと切なさが
見事に対比されてました

伊武さんのそんな心の強さを前にしたから
霧浦さんのいつもは閉ざしてる場所の掛け金が外れて
止めている心が動いてしまった瞬間!
邪魔をするな!何故邪魔をする!?と
少し甲高い声で叫ぶ霧浦さん
自分のしていることの自覚している軽さまで感じました

またあの霧浦さんの1シーンごとに見せるもの
一見柔らかく紳士的に交渉していく姿が逆に
観ているこちらに企てを疑わせ
背後にいる伊武さんの父親の差し金であろう

山本さん演じる霧浦弁護士は良い役でした
特にかりんちゃんとの絡みがけっこうあったので
私それ見て「かりんちゃんになりたい」になりましたもの(///∇//)❤️

そしてダークスーツ姿はやはり最強でございます❤️
最後あたりのシーンで暴力団に
ボコボコにされたお姿は痛々しかったですけども
今回子供を思うシーンでは
年相応の顔になってましたし、そう見えると思いました
男性30代に入って数年は残ってると感じられました


スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【山本さんの出演情報】へ  【大河ドラマ「真田丸」公式サイト 本格始動(追記あり)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【山本さんの出演情報】へ
  • 【大河ドラマ「真田丸」公式サイト 本格始動(追記あり)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。