スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「はやぶさ」パネル展 →再来年の大河
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「はやぶさ」パネル展】へ  【再来年の大河】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

土方さんがもう一つの和歌を!?

 ←「はやぶさ」パネル展 →再来年の大河
皆さんこんばんわ
昨日の6月15日「水曜日」での
ヤフーニュース
土方さんがもう一つの和歌を
作っていたと、ゆう内容が出ていたんです
その和歌とゆうのがこれ
「鉾とりし、月見るごとにおもふ哉あすはかばねの上に照かと」
記事の内容では
「新選組副長・土方歳三と最後まで行動を共に
した隊士・島田魁がまとめたとされる和歌集の
巻頭歌が土方の辞世と考えられるとの説を
幕末研究で知られる霊山歴史観の木村幸比古学芸課長が
打ち出した」とゆうことで
木村課長がおしゃるには
「従来辞世とされてきた歌は詠んだ日時の
推定が難しいが、巻頭歌は間近に迫る死を覚悟した
内容で、亡くなる前日に詠んだ可能性が高い」と
おしゃっていました

また、この島田家に伝わる和歌集の冒頭に土方の名で
記され、和歌は26年前に同館に寄贈されていたそうです


木村課長は今年修復にあわせ、ほかに名のある
30人を調査され、大半が新撰組隊士や幕府側の藩士らで
戊辰戦争で降伏し、長く生きたことがわかったそうで、
自然のはかなさを詠んだ歌が多く、
維新後に隊士らが作り、島田がまとめたと
判断されたそうです

島田さんが土方さんの和歌を記録していたとは
驚きました~!
木村課長が
「土方が明日の死に予期しながらこの席で詠み
島田が大切に記録していたのでは」と
おしゃってますから
島田さんは何とかこの和歌と
新撰組のことを知るための記録を
後世に伝えたいのだなあ~と
思いました
さて、このニュースを
土方歳三を演じた山本さんは
ご存知なんでしょうかね?。

スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「はやぶさ」パネル展】へ  【再来年の大河】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「はやぶさ」パネル展】へ
  • 【再来年の大河】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。