スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←Web ザ テレビジョン「薄桜記」山本耕史さんインタビュー →8月16日(日) CS放送・時代劇専門チャンネル 「オニワバン」第144回 「時代劇サロン」ゲスト:俳優・山本耕史のすべてその②
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【Web ザ テレビジョン「薄桜記」山本耕史さんインタビュー】へ  【8月16日(日) CS放送・時代劇専門チャンネル 「オニワバン」第144回 「時代劇サロン」ゲスト:俳優・山本耕史のすべてその②】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

8月16日(日) CS放送・時代劇専門チャンネル 「オニワバン」第144回 「時代劇サロン」ゲスト:俳優・山本耕史のすべてその①

 ←Web ザ テレビジョン「薄桜記」山本耕史さんインタビュー →8月16日(日) CS放送・時代劇専門チャンネル 「オニワバン」第144回 「時代劇サロン」ゲスト:俳優・山本耕史のすべてその②

8月16日放送のCS放送・時代劇専門チャンネル
「オニワバン」第144回ですが
さて、ここから「時代劇サロン」のコーナーへと進み
ゲストとして山本さんが登場

司会のお三人もそろってトーク開始
えなりさんが前回山本さんが「薄桜記」について
熱い思いを語っていただいたことなどを
話しつつ、今度は「山本さん、ご本人に色々お話しをうかがえればと」と
おしゃると

山本さん「そうですか」とおしゃいました

⭐️ここで山本さんの俳優人生をふりかえることに⭐️

✏️まず最初に山本さんがデビューされたのは0歳の赤ちゃんモデルから
とゆうお話しから

えなりさんが「0歳の時にデビューされてるんですね」と聞き

山本さん「まあ~そうですねぇ~」とおしゃり
えなりさんが「だから年齢イコール芸歴みたいなことですね」と聞くと

山本さん「に、なっちゃいますね、そうかぞえると、もちろん自分の意思なんか
特にないですし~、まあ、後からこう写真みせられて、あ!こんな時から
やってるんだってゆう、後から気づいたことですけど」とお話しされてました

✏️次に10歳で「レ ミゼラブル」舞台デビューのお話し

えなりさんが「ここから凄いでしょう!10歳で「レ ミゼラブル」舞台デビュー
あ!デビューが「レ ミゼラブル」なんですか?」と聞くと
山本さん「舞台は、そうですね。その前に映像とかやりましたけども、
舞台デビューはそうです」

えなりさんが「舞台デビューが「レ ミゼラブル」で、え!あのあれですよね?」
と聞くと
山本さん「少年革命家って、ガブリョシュっていう、撃たれて亡くなっちゃう役
なんですけども」とお話しされてました
山本さんフリップに書かれている「レ ミゼラブル」の舞台デビューを見て
山本さん「何年前になるんですか?それ?」

えなりさん「これ10歳・・」
山本さん「28年前」
えなりさん「28年前」
もう一人の女性司会者「覚えます?」
えなりさん「昨日のことのように」と聞くと

山本さん「覚えますよ、覚えます」
えなりさん「オーディション受けて?ってことですよね?」
と、聞くと
「レ ミゼラブル」のオーディションのお話しへ

山本さん「そうなんです。オーディション受けて~、僕ね、なんかほんとに
これね、今だから言えることですけど、本当に受かりたくない
気持ちオーディションしてからですよ」とお話しされ
えなりさん「「レ ミゼラブル」ですか?」と

山本さん「「レミゼラブル」っていうか、やっぱり学校通って
友達と遊んでる普通のま、なんていうのかな?小学生だったし
なんか知らない世界に行って、知らない人たちに「こうやれ、ああやれ、」って
言われて怖いじゃないですか~もう本当にどうにか、なんか落としてくれないかな?
と、思ってやってた記憶はあります。あのオーディションをね。」
と、お話しされ

えなりさんが「凄い!」
もう一人の女性司会者「緊張も何もなかったんですね」と聞き

山本さん「や、緊張するからこそ、も、やだもう、なんか下手に歌って
みたりとか、してたんですよ」とお話されてました

確か200何年だったかな?NHKの「スタジオパーク」で
このお話しされていたのを聞いたことがあります

えなりさんが「へぇ~!でもまあ、こうゆうことですよ。下手に歌って
「レ ミゼラブル」受かっちゃうていうね、実力ってことですから」
とおしゃりると
山本さん「まあ、あのね、こう~凄くやる気のある、
「よし!なんとかかんとかよろしくお願いします」っていう人たちが
いっぱいいるじゃないですか、その中でなんか凄い恥ずかしいなあって
心がすごいあったのかな?でもそういうところでた多分、あの大人の
選んでる人たちはきっと、「あ、なんか自然体でって思ってくれたのかな?と
思えますけどね、今考えると。子供の時から凄いがんばって、
なんかっていうタイプじゃなかったかもしれないですね」と、お話しされてました

✏️次は15歳でNHK大河ドラマ「信長 KING OF ZIPANGU」に出演について
このドラマは確か私見てた記憶はあるのですが
山本さんが何役だったか?は記憶にはないんですよね(^^;)

えなりさんが「そして15歳で大河ドラマ」と聞くと

山本さん「そうなんですよ~、」
えなりさんが「大河ドラマご出演」

山本さん「これは、そうですね、ほんとに、これは数シーンだと思うんですよ。
あの~そんなに何話も何話も出てたわけじゃなくて、もう、これが多分
初めての時代劇だったのかな?そうですねきっと」とおしゃってました

そのお話しを聞いた
えなりさんが「初めての舞台が「レ ミゼラブル」で、
初めての時代劇が大河ドラマってことで」
山本さん「本当ですね。そうだわ。」
えなりさんが「さすがエリートですね」
山本さん「いやいや~」
もう一人の女性司会者「みちびかれるように」
えなりさんが「本当に」と、驚かれてました

*続きはその②へ












スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【Web ザ テレビジョン「薄桜記」山本耕史さんインタビュー】へ  【8月16日(日) CS放送・時代劇専門チャンネル 「オニワバン」第144回 「時代劇サロン」ゲスト:俳優・山本耕史のすべてその②】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Web ザ テレビジョン「薄桜記」山本耕史さんインタビュー】へ
  • 【8月16日(日) CS放送・時代劇専門チャンネル 「オニワバン」第144回 「時代劇サロン」ゲスト:俳優・山本耕史のすべてその②】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。