スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←1月22日&24日発売のTV雑誌 →「ニンゲン観察!モニタリングSP」1月23日(木)放送
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【1月22日&24日発売のTV雑誌】へ  【「ニンゲン観察!モニタリングSP」1月23日(木)放送】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

「夜のせんせい」第2話・1月24日(金)放送

 ←1月22日&24日発売のTV雑誌 →「ニンゲン観察!モニタリングSP」1月23日(木)放送
24日放送の「夜のせんせい」第2話で
山本耕史さん演じる大澤雄大さんが!喋りました〜と言いますか
台詞をおしゃいました〜!(^o^)
第1話では無言で表情の演技だけでしたがここで
ようやく大澤さんが喋ったので嬉しいかったです!

どんなことを喋ったか?と言うと!
こちらの第2話あらすじでの
それぞれのシーンで大澤雄大さんがおしゃっていた台詞と
観月ありささん演じる夜野桜先生の台詞も入れて書いていきたいと思います

夜野先生が清水くるみさん演じる白崎桃さんを
国民的JKオーディションに出場させる衣装のイラストを
自動販売機のところで見ているシーン
雄大さん「フン、あんた本当にあいつがアイドルになれると?」
夜野先生「しゃべった」
*このあたりで夜野先生が驚いていました*



夜野先生が白崎桃さんが所属してる事務所の人と交渉しするシーンと
雄大さんが事務所の人を脅すシーン
夜野先生が「ちょっと危なくなったら助けてよ」
雄大さん無言で「おう!」と右手拳答える
雄大さん「会長、こいつどうします?」
「ああ〜熱くなっちゃてもうこうなったら誰も止められねえよ組長は」

*「はなるマーケット」での番宣で山本さんが
会長、こいつどうします?」と哀川翔さんのものまねでおしゃってましたね!*


同じクラスの社長の車を使ってオーディション会場へ行くシーン
夜野先生が大澤さんに「運転できる?」と聞き
雄大さん「運転大好き」と真顔の表情で言う

夜野先生が「運転できるの?」と聞くと
雄大さん「ああ〜免許はないけどな」と答えたら!
夜野先生が「だめでしょ!それ根本的に」
で!雄大さん「こんなに大好きなのに?」
結局雄大さんが無免許ということで夜野先生が運転することに(笑)

高速に入った夜野先生しかし!なシーン(笑)
雄大さん「どうした?」
夜野先生「反対方向乗ちゃった」

反対方向へ乗ってしまった夜野先生に雄大さんが
雄大さん「しょうがない。次のインターをおりてすぐUーターンだ」
けど夜野先生「車線変更無理」
雄大さん「確かにドキドキするよな。車線変更」
で!夜野先生は?「うん!怖いの!」と、しおらしい声出しておりました(笑)
それでも雄大さん冷静に「左側に出口があるのは4つ先のインターだ」と指示

オーディション会場へ向かうはずがなぜかのどかな
海の見える景色へ来てしまったもののそこへ突然ヘリが来る!
白崎桃さんがそのヘリに乗りオーディション会場へ向かったあと
蓮佛美沙子さん演じる黒井華さんが車を運転する表情が
変わったのを見た雄大さんのシーン
雄大さん「この目はやばい」と、ここでも真顔の表情で台詞をおしゃってました



「運転大好き」と「こんなに大好きなのに」と「確かにドキドキするよな車線変更」と
いった台詞!実は!アドリブだったんですよ〜!!
飯田Pプロデューサー日記によりますと
第2話の山本耕史さん演じる大澤雄大が台本にはない台詞・アドリブのついて書かれていて
山本耕史さんいわく
「大澤という役をほり下げていっ結果、自然と出た台詞」なのだそうです
それにしても第2話での雄大さん真顔の表情でアドリブをおしゃっていたので
面白かったですし!笑えました!いつ見ても雄大さん素敵&カッコイイです!
次回の第3話でも雄大さんの台詞を期待したいです

「夜のせんせい」サイトに第3話あらすじ

「現場レポート」(1月24日付け)の第2話メイキング写真がUPされてました
その中に雄大さん(山本耕史さん)が写っておられます
*岬でのシーン
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【1月22日&24日発売のTV雑誌】へ  【「ニンゲン観察!モニタリングSP」1月23日(木)放送】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【1月22日&24日発売のTV雑誌】へ
  • 【「ニンゲン観察!モニタリングSP」1月23日(木)放送】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。